みやわきろく

団地でのびのびひとりぐらし

応用情報技術者試験の合否が発表されました

2月のストイック生活の中でずっと勉強していた応用情報技術者試験。
mywk6.net

先週頃に合否の発表があった*1ものの全然手応えがなかったので落ちた気しかしておらず結果を見る勇気が出ずにいました。
なんなら「秋試験の申し込み開始いつだろうな…テキスト捨てちゃったからまた買わないとな…」とか思っていたくらい。


もうあんまりにも結果を見るのが怖いので逃げ回っていたんですけど、結局結果は郵送されてしまうのでそろそろ腹をくくるか…と思い成績照会をしてみたところ、

f:id:mywk6:20210701201639j:plain
受験番号だけ伏せました

午前・午後ともに得点率7割程度で合格していました。
受かってた!!やったーー!!…というよりは、えっ?受かった?ほんとに?これ別の人と間違ってない?大丈夫?みたいな気持ちが強いです。ほんとに。証書が届けば実感できるのかな?

なぜこんなに疑心暗鬼なのかというと、まあ午前はいいとして午後の方は元々選択を予定していた
1)データベース
2)システムアーキテクチャ
3)組込みシステム開発
4)情報システム開発
5)プロジェクトマネジメント
6)システム監査
のうち、本命であるはずの3)と5)でよりにもよって苦手分野が出題されてしまい手も足も出なかったから。

3)はアナログ→デジタルの変換が最初にできていないとその後の問題もすべて間違うという魔の形式で、そもそも変換方法が頭に入ってなかったので全然ダメ。5)は問題に対する回答がうまく作文できなかったので途中で諦めました。
そんなわけで他の問題も全部見た上で仕方なく画像の通りの問題を選択しました。

サービスマネジメントを選んだのはもう完全に博打でしたね…あんまり得意じゃないけど全くわからないというほどではないからもしもの時は選択しよう、くらいの気でいたのにまさか本当に選ぶことになるとは。

正直どこで点数を取れたのか本当に謎なんですが、とりあえず受かったことは受かったらしいので安心して証書を受け取ろうと思います。
裏を返せば、苦手分野があるってわかっていたのならそこをもう少し潰しこんでおけばもっと点数が取れたということにもなるので、そこは素直に悔しい。試験直前の2週間とか引っ越しの準備にかまけてろくに勉強していなかったような気もするし…詰めが甘いんだよなあいつも。

証書を受け取ったら会社に申請書を出さなきゃだ。AP取ると会社から5万円もらえるらしいのでありがたくお小遣いにします。このお金でPS5買えたらなあ……(そもそも当たらない)(そろそろ心が折れそう)

*1:受験番号がサイト上に掲載されることになっています