みやわきろく

団地でのびのびひとりぐらし

引っ越しに際して買ったもの(デスク周り編)

突然思い立って引っ越しをすることになったわけだけれども、
mywk6.net
せっかく広い家に引っ越しをするのだから、できる限り快適に過ごせるような家具を揃えたい!!何か作業をするたびに肩も腰も痛くなるような環境はうんざりだ!!!
…というわけで、厳選に厳選を重ね購入した「#新生活が捗る逸品」をご紹介。
全部書き出すと結構な量になるので記事を三分割しました。

今回は作業&仕事用デスクの周りを中心に購入品の紹介をしていきたいと思います。


まずはデスク全体の様子から。

f:id:mywk6:20210505203916j:plain
全体像

部屋の壁紙が真っ白なので、面積の大きいデスクは白にして統一させました。そのかわり机の上に置くものは黒で引き締め*1
ラグも床の色とできるだけ合わせられるような色を選択(後述)。

そして机の上。

f:id:mywk6:20210505204229j:plain
机の上

左側のケースみたいなやつは無印の引き出しですね。前の家からそのまま持ってきたやつ。上段に外付けHDDなどのPC関係接続機器、下段には文房具が入っていてすぐに取り出せるようにしている。ペンとか付箋とかは作業中によく使うので。
ルーターがめっちゃ主張してる感じになっちゃってるんだけどこれは光回線が開通するまでの仮置きなのでスルーしてほしい…回線終端装置がどこに置かれるかまだわからんので場所が確定したら移動させるかも。

という感じのデスクです。以下で細かく見ていきまーす
購入品はリンク貼ってあるので気になった方はどんなもんか見ていただけるとありがたい。

パソコンデスク

Amazonには幅160cmと180cmしかない模様…4月上旬にはまだあったんだけどな。わたしが買ったのは120cmのもの。
リビングの壁の色と合わせるためにどうしても白がほしかったのでサンワダイレクト本店で購入。

この机のいいところは、モニターアームのクランプを使えるように天板を支える金具が中心に寄ってついているところ。端にあるとうまく挟めないと聞いたのでそこはちゃんと考えて買った。
幅、本当は130cmくらいがちょうどいいんだけどまあ妥協点。見た目よりずっしりとしているので安定性抜群です。

デスクチェア

ぶっちゃけ白っぽい色であれば何でもよかった。白のデスクチェアってほんと少ないよね…

安物なんでリクライニングはできず、シートが前に動くだけ?とかのやつ。会社の椅子でもリクライニング使ってないんで、まあなくてもいいかなと。
あと正直肘掛けいらんかった……机に椅子をしまうときに肘掛けが机の下の金具にぶつかるのでちょっとはみ出しちゃうんですよね。肘掛け上げときゃいい話なのかもしれないけど。

ラグ

デスクチェアで床に傷がつきそうだったので。
ラグ自体に重さがあり、椅子を動かしてもラグがずれないのがいい!滑り止め不要でした。ありがたい〜
同じ模様で紺とグレーもあったんだけどここはやっぱりベージュ系で。意外と部屋になじんでくれてよかった。

パソコンスタンド

会社支給の在宅勤務用パソコンと自宅パソコンを立てて置くためのもの。会社支給PCが富士通のバカでかいノートなので、幅が調整できるものを選びました。なかなかに安定感があってよいですね。
モニターとキーボードとマウスをそれぞれ外付けして、MacでもWinでもクラムシェルモード(風)で使っています。ノートPCをいちいち出してくるのがめんどくさかった。(Macbookはいいけど会社用PCがとにかく重すぎる)

モニター

このデスクの要といえるかもしれないモニター。dell公式サイトで買いました。商品説明のためにAmazonリンク貼ったけどAmazonだと定価より高いという罠…
・27インチ
・4K
・Type-C接続&給電可
・モニターアーム使用可
これらの条件を兼ね備えていて一番安かったのがこのモデル。クーポン適用で42,000円ほどでした。めちゃくちゃお買い得だと思う。
スピーカーは内蔵されていないので別で用意する必要があります。(スピーカーについては後述)
MacをType-Cケーブル、会社PCをHDMIケーブルで接続し切り替えて使っています。

画面についてはさすが4K!といったところで、とにかく広々!そのかわり文字は小さすぎて見えなァい!(ハ●キルーペ)笑
Winでは文字サイズを自動的に拡大して最適化してくれるのでその設定を使い、Macは疑似解像度設定でWQHD(3008 x 1692)にしています。Macはこれ以上解像度を上げてしまうと字が読めなくなるような気がする…落とし所ってやつですね。

じゃあなんで4K?というと、職場ではデュアルディスプレイで作業をしているのでその環境にできるだけ近づけたかった、というのが理由。
4Kくらいの解像度があれば、デュアルにせずともアプリのウインドウを2枚開けて広々と作業できるかなーと思ったんですがまさに狙い通りでしたね。少なくとも支給ノートのウインドウだけでやっていたときよりは作業効率が上がりました。

まあ、作業効率が上がったとはいえ自腹なんですけどね、これ……悲しいよね……

モニターにUSB2.0ポートが2個ついていて、USBハブ代わりに使えるところがありがたい。アクションカメラとかスマホで撮った動画を転送することが多いのでね。
難点は、わたしがUSB-A⇔USB-miniBのケーブルを1本も持ってないということですかね。だめじゃん。笑
Type-C⇔miniBのケーブルを使って外付けHDDとかカードリーダーとかをMacのType-Cポートに接続していたからAのケーブルは処分しちゃった…買わなきゃ。メモがてらリンク貼り。

モニターアーム

エルゴトロンのOEM。Amazonベーシックのと中身は一緒でこっちの方がちょっとだけ安い。
仕事で縦画面を使いたいときがたまにあるということもありモニターアームを導入してみました。耐荷重ぎりぎりらしいけど今のところ問題なし。

スピーカー

モニターにスピーカーが内蔵されていないので追加で購入。
スピーカーなくても本体からの音で十分だし…と思っていたんですが、確かにMacはいいとしても会社支給PCの方はカバーを閉じると音がほとんど遮断されてしまうようで、Web会議の時に音がまったく聞こえなくなってしまいました。

さすがにこれはちょっとね、というわけでAUXとBluetoothの切り替えができるこちらを購入。MacはAUX、WinはBluetooth接続*2で切り替えるようにしました。
思っていたよりもしっかり音が鳴る印象です。オーディオは追い求めると沼落ちするのでこの辺にとどめておいた方がいいかな…という気持ちもあり(笑)本当にいい音で聞きたかったらイヤホンすればいいや〜とそこは割り切ってます。

あと、写真にちょっとだけ写ってるケーブルホルダーはダイソーで買ったやつ。Lightningケーブル(会社スマホ用)、microB、Type-Cが並んでます。充電用。

とまあそんな感じ。現時点での最適解はこれかな〜ってところなのでまたちょいちょい変えると思います。
次回、キッチン&ダイニング編へつづく…

*1:PC周りのアクセサリは大体黒なので黒の方が統一しやすいというのもある

*2:Bluetooth接続の場合のみマイクが有効になるとのことで