みやわきろく[再]

ミニマリストで毒親サバイバーなOLの生活記録

2/24:24日目 これも業務だからね

「1ヶ月超ストイックに生活してみた。」チャレンジ24日目の振り返りです。
やっぱり残業すると1時間の勉強は難しい。悔しいなあ。

f:id:mywk6:20210225060751j:plain
カバーは取る派

チャレンジ振り返り

テーマ

実験:「1ヶ月超ストイックに生活してみた。」

ルール
  1. 毎朝青汁を飲む
  2. 毎朝太陽礼拝する
  3. 毎朝30分ウォーキング(雨の日は読書で代替)
  4. 平日1時間、休日3時間試験勉強をする
  5. ブログを毎日更新する
  6. 外食禁止
  7. コンビニ禁止
  8. 揚げ物禁止
  9. 禁酒
  10. スマホを極力触らない
  11. 寝る前に記録をつける (2/4追加)
その他の取り組み
  1. Vlog用に動画で記録を残す
  2. 感じたことは随時メモ

ルール達成度

No ルール 達成
1 毎朝青汁を飲む
2 毎朝太陽礼拝する
3 毎朝30分ウォーキング
4 1時間試験勉強をする ×
5 ブログを毎日更新する
6 外食禁止
7 コンビニ禁止
8 揚げ物禁止
9 禁酒
10 スマホを極力触らない
11 寝る前に記録をつける

初めて×がつきました。
1時間半残業→持ち帰って作業、とかやってたら21時を過ぎていて「あっ、無理」ってなりました。
この目標を設定した頃は9割在宅勤務かつ残業なしの生活だったのでね…考慮しておくべきだったな…

感じたこと

無理と決めた時点で無理になる

社内向けにRPAで開発をする講師をやっています。情シスから他の部署に派遣されて教えにいく、みたいなやつなんですけど。
わたしの受け持ちの生徒?が数名いて、ほとんどの方は教える→自分でやってみる→わからないところはGoogleで調べたり質問したりする という形で意欲を持ってやっていただいているんですが、それができない方々がごく少数いらっしゃるんですよね。
「自分は文系だし*1〜数学とか全然できなかったし*2〜難しすぎて無理です〜!」みたいな。

そういう方々に共通するところが2点あるように感じます。

  1. 逃げ癖がある
  2. 決めつけ癖がある

まず1点め。確かに「適材適所」という言葉もありますし、その人のスキルに応じて適切な業務に配置するべきだとわたしも思っています。でもね、うちの会社そんな仕組みになってないんですよ。笑
人事ローテで数年経ったら別の部署に飛ばされてしまう+作業引き継ぎも適当だから4月を迎えるとまたイチから…みたいなことになりがちなんです。
そこはもう会社の人事制度の問題なんで、ある種諦めて受け入れるしかない。苦手なことでも、業務の一環としてちゃんとやりきらないといけないわけです。それでお給料をもらっているんですから。

そして2点めはこれもう本当に実感しているんですけど、「無理だって決めつけた時点で無理になります」。これ。
応用情報技術者試験の勉強をする中で、ビット数の計算だったり論理回路を読んだりしていますが、最初のうちは「あっこれ難しい。無理。わかんない」と決めつけてしまっていました。でもちゃんと参考書を読んだり、YouTubeでわかりやすく解説してくれる動画を観たりしているうちに理解できてきて、「思ったほど難しくなかったじゃん!」と気づけたんですよね。
無理だと思った時点でハードルがぐんと上がります。自分でハードルを上げるべきじゃないと思います。そんな積極的にハードモードを選びにいかなくていいじゃん?みたいな。笑

あとは教わる側の姿勢として、復習くらいはちゃんとするようにしてほしいですね…
同じことを何度も教えるのって、教わる側が思っている以上に精神を削るんですよ……

教えることは本業とは少しずれますが、それでお金を頂いている以上わたしの業務であることに変わりはありません。めげずに逃げずに、無理だと決めずに、やりきりたいと思います。

*1:わたしもですが?

*2:わたしもですが??